バランスボールを使った様々なレッスンを、愛知県名古屋市久屋大通と東京都渋谷区代々木で行うスタジオ

スタジオレイナパークコラム

学力アップの夏にするキーポイント!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年07月31日バランスボール体力豆知識運動習慣

学力アップの夏にするキーポイント!

長い長い夏休みが始まりましたね、暑さもあいまってだらしない姿勢でだらだらと夏休みの宿題をしている子供達をみながら、夏休みの間に学習に対する取り組みを見直したいなーなんて思っている親御さんは少なくはないのではないでしょうか?今回は、勉強に取り組む土台のお話です。「土台がないところには家は建たない」という言葉がありますが、勉強に取り組む心と学習効率をより高める為の土台になるものがあります。それが姿勢だと言われています。
姿勢と学習効果
「今でしょ!」で有名な某塾の講師は子どもの姿勢のよさと成績の良さはほぼ比例すると断言しているのです。「小学一年生児童に対する学習時の姿勢改善のための介入パッケージ効果学級単位での行動アプローチ効果」の中でも、小学校一年生の学習時の姿勢介入指導をしたところ、子供達の学ぶ姿勢が積極的になり、学習成績向上にも繋がった事が報告されています。イギリスやスウェーデンの大学研究では姿勢を維持するための運動プログラム導入と良い姿勢を維持するための座り方を指導した結果学習ドリルの平均点が14%向上したという結果が出ています。逆に、姿勢の悪い子はすぐに気が散ってしまいひとつのことに集中することができないといいます。姿勢維持能力が記憶力と相関があるといわれています。姿勢により脳の集中力が変化することが証明されつつあります。姿勢がいい子は自己管理ができた聡明な子に見えますよね。姿勢が良ければ全ての子の成績は上がるのかというともちろん例外はいます。しかしながら、姿勢が正しいことは圧倒的に勉強には有利です。姿勢と集中力・記憶力には関連があり、正しい姿勢のほうが集中力・記憶力が高まり学習に望ましいためです。一方で小学校教諭の75%が「児童の姿勢が悪い」と感じているという調べがありました。昨今、子供達の姿勢の悪さが注目されています。体力・筋力不足にある子供たちはスマホやタブレットやゲームをしていることで猫背になりがちで、学習姿勢においても机にもたれかかるような姿勢や背骨が大きく曲がってしまった猫背姿勢を取る子供が多いのも現状です。大手の学習塾では勉強よりも先に教えているのが姿勢だといいます。いい姿勢が自然ととれるようになることがいかに大切かを徐々に理解して頂けているでしょうか?
bigstock-Years-Old-Girl-Gaming-With-T-37865263_R 
姿勢と呼吸
悪い姿勢になると呼吸にも影響が出ます。猫背の場合、胸郭を押しつぶす形になるので肺を包む胸郭が息を吸ってもあまり広がらず呼吸が浅くなってしまいます。胸を張りすぎている場合は胸郭が引かれすぎているので、これも息を大きく吸い込めず呼吸が浅くなります。呼吸が浅くなると一回の呼吸で体内に取り込める酸素の量が少なくなります。集中して考えているとき脳はかなりのエネルギーを消費します。エネルギー源であるATPを得るには酸素との結合が欠かせないので酸素補うために呼吸の回数を増やすしかありません。浅く回数の多い胸式呼吸は交感神経を高めるため、そわそわと落ち着かない状況を作ってしまいやすく、集中しにくくなります。深くて回数の少ない呼吸には副交感神経を優位にする働きがあり集中できます。また、姿勢が悪いと自律神経のバランスが乱れることが知られています。自律神経のバランスが乱れるとイライラや集中力の低下が引き起こされます。深い呼吸を繰り返すことで自律神経のバランスは調整されるので、その意味でも正しい姿勢で深い呼吸が自然とできるのはとても望ましいことですね。集中しよう!と思った時に無意識に深呼吸をしたり、疲れた時に深呼吸をしたり、人間は集中力を継続する為に無意識に呼吸を使っています。つまり集中力を高める為には通常の呼吸大きく深い腹式呼吸にかえる必要があります大きな呼吸をするためには、姿勢を正して、胸郭が楽に膨らむようにすることが大切です。記憶力の中でも、覚えたものを思い出す力がUPします。インディアナ大学で行われた幼児の記憶と物の認識についての研究で、覚えた時と同様の姿勢であることが認知に有効であることが示されました覚えた時と同様の姿勢だと思い出しやすいということです。テストの時、背中を伸ばした姿勢で受ける人がほとんどではないでしょうか?しかし、普段の姿勢が猫背などの悪い姿勢であるとテストの時の姿勢と大きく違ってしまいます。普段の勉強もテストのときも正しい姿勢で行うようにしたほうが記憶を引き出しやすくなり有利です。いい姿勢を意識しても学習姿勢では頭を下げる人が多いですが、背筋だけでなく頭もしっかり上げて正しい姿勢にしたほうが、疲れないですし呼吸も楽です。
36bcc27b99e9036f585c9a8181579bbd
普段から正しい姿勢を身につけておけば、テストも正しい姿勢で臨め、勉強面だけでなく自信を持てない子が姿勢をよくすることで劇的な変化が起きたり、精神的に安定するということもあります。これは大人になっても同じ。一流の仕事をしている人たちに共通しているのは姿勢がよく、パワフルに働いても疲れにくいバランスのいい筋肉を持っています。他者に与える印象も姿勢一つで全く変わり、他者からの扱いが変わる事で自分の中にも良い変化を起こすことが出来ます。「良い姿勢から生まれるよい体」は人生を成功に導くために最も重要な資質なのです。この取り組みはお子さんだけでは出来ません。周りにいる大人みんなが一緒に姿勢に対して意識することが大切です。いい姿勢とは何か?ポイントや維持する方法は、スタジオレイナパークでインストラクターより丁寧にお伝えしています。学習に対する姿勢を見直すことで、学力アップにつなげる夏にしてくださいね!

こんな方におすすめです

  • イメージ

    妊娠・出産による
    体調不良にお悩みの方

  • イメージ

    筋肉ではなく
    「体力」を鍛えたい方

  • イメージ

    最近なんだか
    元気が出ない方

こんな方におすすめです