バランスボールを使った様々なレッスンを、愛知県名古屋市久屋大通と東京都渋谷区代々木で行うスタジオ

スタジオレイナパークコラム

梅雨本番!台風襲来!身体がピンチ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年06月30日バランスボールメンタルヘルス体力豆知識運動習慣

梅雨本番!台風襲来!身体がピンチ?

雨が降ると「頭が痛い」「節々がいたむ」「ぜんそく発作が再発する」など、体調不良が天候によって引き起こされるひとあなたの周りにはいませんか?このような体調不良はなぜおこるのか?対処方法はないのか?について今回はお話ししていきます。

 

 

気象病とは

天気が起因して怒る体調不良は「気象病」と呼ばれ、近年その病態についても解明されてきました。長年気象病について研究を行い、日本で初めて「天気痛外来」を開設した、愛知医科大学の佐藤純教授は、こうした症状総称して「気象病」と呼んでいます。気象病として最も多くの人が挙げる症状が頭痛。ほかにも、首の痛み、めまい、耳鳴り、気管支ぜんそく、関節痛、神経痛、古傷の痛み、鬱(うつ)や不安症なども気象病の症状のひとつです。佐藤先生によると現在、気象病で悩む人は日本で約1000万人にも上る推定されています。これらの症状の多くは自律神経症状であり、気圧の変化によりこの働きが鈍ってしまうことなどが原因であるといわれています。これが長引くと、自律神経とホルモンは密接な関係にあるため、自律神経症状に起因してホルモンバランスまでもが乱れてしまうのです。

 

74381EDE-8F36-4BD0-9128-962FF01A6C8F

特に気をつけたいのが、まさに今!そう梅雨の時期です。さらに最も症状が悪化するのが台風がくる時だといわれています。低気圧が長期滞在する時期これらの不調に悩まされるひとは少なくないと思います。

 

 

有酸素運動で気象病をのりこえる

梅雨に入り雨が続くと外に出る機会はもちろん運動するチャンスがめっきり減ります。ランニングやサイクリングなどの有酸素運動は特におこないにくくなります。天気により体調が崩れ、運動すらできない。このような状態が続くと体だけだった不調は心にまで及ぶようになり様々な問題を二次的に引き起こしてしまいます。

そこで有効なのがバランスボールエクササイズです。バランスボールエクササイズは畳一条分のスペースがあればできる有酸素運動エクササイズです。気象病によって痛みの出やすくなっている関節を保護しながら、有酸素運動によって自律神経コントロールができます。自律神経が正常に機能することにより気象病に起因する様々な不調を軽減することができます。体調管理にぜひスタジオレオナパークでバランスボールエクササイズを覚えていただいてご自宅でも継続してくださいね。

 

 

 

 

 

こんな方におすすめです

  • イメージ

    妊娠・出産による
    体調不良にお悩みの方

  • イメージ

    筋肉ではなく
    「体力」を鍛えたい方

  • イメージ

    最近なんだか
    元気が出ない方

こんな方におすすめです