バランスボールを使った様々なレッスンを、愛知県名古屋市久屋大通と東京都渋谷区代々木で行うスタジオ

スタジオレイナパークコラム

注目!骨盤底筋について

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年06月15日スタジオの日常

注目!骨盤底筋について

最近メディアでも注目されているインナーマッスル「骨盤底筋」みなさんはご存じでしょうか?1度は耳にしたキーワードではないでしょうか?

骨盤の底にあり、女性にとってはとても重要な役割を持つこの筋肉の役割やトレーニングの方法についてお話しします。

 

 

骨盤底筋について

骨盤底筋は骨盤の底部にあるハンモックのような状態の筋肉です。子宮や膀胱や腸などの内部臓器を支える役割を果たす筋肉の集まりを指す言葉で、骨盤底筋という筋肉はありません。正確には骨盤底筋群と呼ばれています。肛門挙筋、会陰横筋、球海綿体筋(膣括約筋)、外肛門括約筋、外尿道括約筋、坐骨海綿体筋など、肛門挙筋はさらに腸骨尾骨筋、恥骨尾骨筋、恥骨直腸筋で構成されています。これらは尿や便の排泄にかかわると同時に、名前のとうり骨盤の底に位置して内臓を支えること、膀胱や尿道や膣、肛門を引き締め、尿漏れや便漏れを予防する役割を果たしています。

F699E931-2FC3-4564-B42D-B4A267F1B4CE

 

骨盤底筋と尿もれ

中年以降の女性に多く見られる「尿もれ」。くしゃみや咳など大きな腹圧のかかる動作だけでなく、笑ったときに漏れてしまう人もおり、笑うのを控えるようになったり外出の機会を減らさざるおえなくなったりと生活に与える影響は実は大きなものになります。尿もれが起こる原因は様々ありますが、ひとつは骨盤底筋の加齢に加えて出産によるダメージ(伸ばされ破れるなど)や肥満、臓器下垂などが原因で骨盤底筋が緩むことにより、臓器が骨盤内に乗りかかりその重みが骨盤内の臓器を圧迫し、正常な働きができなくなりおこります。また、緩くなった骨盤底筋は膀胱や尿道、肛門を引き締めることができなくなり漏れが生じます。座ったままのデスクワークをしている人やランニングをしている人も骨盤底筋が緩みがちとなります。出産後骨盤底筋のトレーニングを怠ってしまうと、産後の尿もれの症状が長引くだけでなく中年期以降の尿もれが早く重度になるといわれています。骨盤底筋を鍛えることによりこうした症状の軽減効果もみられます。

 

 

骨盤底筋と女性らしさ

骨盤底筋群の衰えにより、内臓が重力に逆らえなくなると、腸や子宮は他の器官に圧迫されてしまいます。これにより血流が悪化し、月経前や月経中の症状悪化や様々な自律神経症状を引き起こし不調が現れることになります。ホルモンバランスが乱れるということは、生理不順や月経前症候群など、婦人科系のトラブルが起こりやすくなります。また、イライラしたり落ち込みやすくなったりと心のトラブルも引き起こします。骨盤底筋を鍛えホルモンバランスによる不調を回避することで、女性らしい美しさを手に入れましょう!

 

 

骨盤底筋とボディーメイク

骨盤底筋はインナーユニットと呼ばれる筋群の一つで、呼吸・内臓を支えていい姿勢を作る・骨盤を締めるなどの役割を持っています。つまり、骨盤底筋が緩んでしまうと内臓が下がりお腹がぽっこりとなり、姿勢が崩れてしまいます。これにより太りやすくなるだけでなく、様々なトラブル(肩こり・腰痛など)を引き起こします。骨盤底筋をはじめとするインナーユニットがしっかり機能できるようになると、基礎代謝が高まり、ウエストがひきしまった美しい姿勢が取れるようになります。いいことだらけのこの運動やらない理由はないですね。

C32F1C8D-3ED0-49CD-8127-C1B6691F7880

 

骨盤底筋トレーニング

長年の運動指導の経験から、一般的な骨盤底筋のトレーニング方法である、さまざまな姿勢をとって肛門と膣をゆっくり締めたり緩めたりすることを繰り返すものは正直効果が得られにくいと感じています。これはこの運動の効果が低いのではなく、動きがわかりにくいこと、この筋肉が弱っている人には意識することすら難しいこと、達成感が低いことなどの理由によりトレーニングを継続することが難しいのが難点です。

そこで、私がオススメするのがバランスボールエクササイズです。一般社団法人体力メンテナンス協会のバランスボールメソッドはボールの上に座り弾むものです。ボールの上で骨盤を立てて座ること、運動に合わせて呼吸をすること、骨盤底筋を意識しながら弾むことで、一般的に難しいと言われているインナーユニットの効果的なトレーニングが難しいことを何も考えずとも楽しみながらできてしまいます。これは本当に画期的なことです!

ADD6ECC4-1AA1-4001-8107-D0919710FAE2

 

今回は骨盤底筋についてお伝えしてきました。近年その存在が見直されています。トレーニングの魅力感じていただけたでしょうか?みなさんもぜひスタジオレイナパークで骨盤底筋について学びながらトレーニングして下さいね!

こんな方におすすめです

  • イメージ

    妊娠・出産による
    体調不良にお悩みの方

  • イメージ

    筋肉ではなく
    「体力」を鍛えたい方

  • イメージ

    最近なんだか
    元気が出ない方

こんな方におすすめです